勝浦の朝市(千葉県)

勝浦の朝市(千葉県)

全国的に有名な「勝浦朝市」は千葉県勝浦市で開催されています。

 

勝浦朝市について

 

勝浦朝市(かつうらあさいち)は、日本三大朝市の一つです。ちなみに、他は輪島朝市と飛騨高山朝市があります。勝浦朝市の歴史は古く、その始まりは1591年(天正19年)と言われています。どの時代かというと、戦国時代になります。時の城主だった植村泰忠が農産物や水産物を交換する場として開設したそうです。

 

現在、勝浦朝市は、千葉県勝浦市の「下本町朝市通り」と「仲本町朝市通り」の2か所で行われています。月の前半と後半で開催場所を変えます。

 

  • 下本町朝市通り・・・毎月1日〜15日開催
  • 仲本町朝市通り・・・毎月16日〜月末開催

 

時間帯は、午前6時〜11時までになります。定休日が、毎週水曜日。その他、年2回だけ臨時休業があります。それは、元旦と6月の第一火曜日です。

 

勝浦朝市は、農産物や海産物など豊富ですが、やはり漁港が近いという事で、新鮮な魚が手に入るのでおすすめです。美味しいお魚を頂きましょう♪

 

勝浦朝市へのアクセス方法ですが、JR勝浦駅から歩いて10分程掛かります。車で行く場合も市営駐車場が用意されています。勝浦朝市のホームページは残念ながら閉鎖になっていました。詳しいアクセス方法等々は、勝浦市のホームページに載っていますので、ぜひ、チェックしておいて下さい。

 

勝浦市ホームページ(勝浦朝市の頁)
http://www.city.katsuura.lg.jp/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=1796

スポンサードリンク

勝浦の朝市(千葉県)関連ページ

三崎の朝市(神奈川県)
注目度bPの神奈川県の「三崎朝市」を紹介しますね。昔からある古い朝市ではないですが、現代版朝市(!?)的な感じでとても人気がある三崎朝市。開催場所は、神奈川県三浦市の三崎港さかなセンターのすぐ隣です。