上越朝市(新潟県)

上越朝市 一の日市・二七の市・三八の市・四九の市あり

新潟県上越市では、現在4つの朝市が開催されています。

 

毎月1のつく日に開催される「一の日市」と毎月2と7のつく日に開催される「二七の市」と毎月3と8のつく日に開催される「三八の市」と毎月4と9のつく日に開催される「四九の市」です。

 

上越朝市
参考画像:上越観光ナビ

 

雁木のある街並みでの風情を感じる朝市、元気なお母さんたちの声がひびく朝市、直江津港の近くで新鮮な海産物や乾物が並ぶ朝市などそれぞれ特色があります。

 

それでは、一つずつ上越朝市の自慢の市を紹介していきましょう。

 

一の日市 上越朝市

 

毎月1日・11日・21日に開催される朝市が一の日市です。31日は開催しません。

 

日露戦争の戦勝記念として明治39年(1906年)に一の日市が始まりました。名称は、はじめ東郷市だったようです。東郷は日露戦争で活躍した東郷平八郎元帥からですね。

 

一の日市は、住吉町交差点から海水浴場入り口迄の約70mで開催されます。

 

野菜や果物や鮮魚や花など充実した品揃えで特に就労支援の施設の方々がつくる手作りコロッケが人気だそうです。

 

  • 開催日:毎月1日、11日、21日
  • 開催時間:7:00〜12:00
  • 開催場所:新潟県上越市柿崎区 第3区・第4区
  • 駐車場:柿崎中央海岸駐車場(無料) ※海水浴シーズンは有料

 

二七の市 上越朝市

 

二七の市は、毎月2と7のつく日に開催されます。

 

高田の陸軍第13師団からの「新鮮な野菜を食べたい」という要請で開かれるようになったのが二七の市の始まりです。明治43年10月の事です。

 

はじめは、横町(現在の本町2丁目)の場所にありましたが、昭和35年にいまの大町3丁目に移転して現在に至ります。

 

日曜日や祝日は沢山の買い物客で賑わう朝市です。

 

  • 開催日:毎月2日、7日、12日、17日、22日、27日
  • 開催時間:7:00〜12:00
  • 開催場所:新潟県上越市本町3丁目
  • 駐車場:本町3・4・5丁目駐車場(有料)※朝市の買い物で30分無料

 

三八の市 上越朝市

 

直江津で開催される三八の市は、毎月3と8のつく日に行われます。

 

日本海に続いている朝市が行われる通りは「三・八通り」と呼ばれています。

 

当時の青年会が発案して開催されましたが、はじめは5と9の日に開催していたようです。翌年に3と8の付く日に変更になって今に至ります。

 

海の近くとあって新鮮な海産物がたくさん並んでいるのも三八の市の特徴でしょうか?

 

  • 開催日:毎月3日、8日、13日、18日、23日、28日
  • 開催時間:7:00〜12:00
  • 開催場所:新潟県上越市中央2・3丁目
  • 駐車場:船見公園駐車場(無料)

 

四九の市 上越朝市

 

毎月4と9のつく日に開催中の朝市です。

 

大正9年8月に仲町2丁目の人々が町の発展を願い市が開催されるようになったのが、四九の市の始まりです。

 

現在の市は、大町通りの四の辻通や本町5丁目まで延長して行われています。

 

四九の市は、風情のある街並みでの朝市が特徴ですね。

 

  • 開催日:毎月4日、9日、14日、19日、24日、29日
  • 開催時間:7:00〜12:00
  • 開催場所:新潟県上越市大町4・5丁目
  • 駐車場:本町3・4・5丁目駐車場(有料)※朝市の買い物で30分無料
スポンサードリンク

上越朝市 一の日市・二七の市・三八の市・四九の市あり関連ページ

魚津朝市(富山県)
富山県魚津市で開催されている魚津朝市は、海の駅「蜃気楼」内で、毎月第2・第4日曜日に開催されています。ここの名物は何といっても魚津朝市定食ではないでしょうか?カニ汁も人気で・・・。
輪島朝市(石川県)
日本三大朝市のひとつ「輪島朝市」について紹介します。輪島朝市は、石川県輪島市で開催されている歴史のある朝市です。水森かおりが「輪島朝市」の曲を出してますね。輪島朝市の名物などの情報はコチラ。
七間朝市(福井県)
福井県大野市で開催されている七間朝市は、400年以上もの歴史があります。近くの越前大野城の城下町が出来た頃から続けられている朝市だそうですよ。七間朝市では、いもきんつばが大人気です。