日本の朝市とは?

日本の朝市とは?

日本の朝市について紹介しますね。

 

・・・最近では、朝市(あさいち)というとNHK朝の報道番組「あさいち」の印象が強いかも(笑)

 

朝市とは?

 

決まった日の早朝に一か所に集まり、持ち寄った野菜や魚介類などを売買する市(いち)のことをいう。一般に、駅前、峠、広場など人が集まるところで開催されることが多い。
(wikipediaより)

 

日本の朝市

 

現在の日本の朝市は、バラエティーに富んでいて、本当に様々な朝市が全国各地で開催されています。毎日開催している朝市もあれば、毎週日曜日のみ開催されているところもある。主催者も農協や地方自治体のところもあれば、商店街の店舗が集まり共同主催になっているところもあります。

 

朝市というと、名前の通り「朝」に行われる市場の他に、「朝」以外に行っている朝市もあります。朝から夕方までずっと開かれている朝市もあります。

 

当サイトでは、古くは平安時代から続く歴史ある朝市の紹介から現代的朝市まで幅広く紹介したいと思います。全国各地の朝市情報を掲載できるように頑張りますので、度々、サイトを訪問して頂ければと思います。

 

全国にある朝市一覧はコチラ。

スポンサードリンク